マイクロバブルフォーム

世界初超高速旋回式マイクロバブルフォーム洗浄

ペットが喜ぶことを基本に開発された洗浄法!

Micro-Bubble Foam Washing

光マイクロバブルシリーズ
光マイクロバブルP3

マイクロバブルフォームとは

「マイクロバブルフォーム(MBF)」とは、少量のシャンプーを含んだ液体のなかで、超高速旋回式マイクロバブル装置(光マイクロバブル装置)を用いてマイクロバブルを発生させる際に、大量に生成された泡(フォーム)のことです。
このマイクロバブルフォーム法は、格段に優れた洗浄力を発揮しこれまでの常識を大きく覆す新ペット洗浄法です。

マイクロバブルフォームの発生マイクロバブルフォーム

従来のシャンプーの泡の発生従来のシャンプーの泡

マイクロバブルフォームの拡大写真マイクロバブルフォームの拡大写真(直径約20~50μm)

従来のシャンプーの泡の拡大写真従来のシャンプーの泡の拡大写真(直径約500μm)

大幅に洗浄力をアップさせる2つのポイント

超高速旋回式マイクロバブル発生技術

マイクロバブルの発生

1995年に世界で初めてマイクロバブルを大量発生させることができる装置として徳山高専大成博文教授によって開発されました。毎秒約500回の超高速旋回により大量のマイクロバブルを安定して瞬時に発生させることができます。 優れた固有の物理化学的特性で、医療・健康、洗浄、水産養殖、農業など幅広い分野で使用されています。
また、世界32カ国で特許を取得しており、日本初のオ リジナル技術として国内外で高い評価を受けています。

簡単3ステップで「瞬間泡立ち」

ペット洗浄法の常識が変わる

マイクロバブルフォーム洗浄法は、これまでのペット洗浄法の常識を根本的に覆し始めています。それは、この洗浄法が、従来の洗浄法と比較すると約1万倍の「洗浄エネルギー」をつくり出すことで、抜群の洗浄力を発揮することができるようになったからです。

その特徴の第1は、これまでの「ごしごしもみあらい」が不要になったことです。マイクロバブルフォームを被毛と皮膚に浸潤させることで簡単に汚れを落とすことができます。

第2は、これまで最も困難とされてきた脂漏症による汚れも、下写真のようにきれいになります。また、下写真マイクロスコープ画像においても明らかなように、被毛に付着した油質の汚れが除去され、それによって臭いもきれいに取ることができます。

第3は、少量のシャンプーでも洗浄回数が減り大幅な時間短縮も可能になります。

マイクロバブルフォーム

マイクロバブルフォームは簡単につくることができます。

シャンプーの使用量を大幅に削減した皮膚に優しい洗浄

マイクロバブルフォームの約1万倍の洗浄力アップで、シャンプー使用量を従来の1/2~1/10に大幅に減らした 低濃度の溶液でも十分な洗浄が可能になります。

水10Lに10MLのシャンプーを使用する際のシャンプー濃度は、これまでのシャンプー濃度と比べて格段に低濃度なので、さらにペットの被毛や皮膚への負担も少なくなります。ペ ットだけでなく洗浄を行うトリマーにも優しい洗浄法です。

被毛に弾力・しっとりふわふわの仕上がり

マイクロバブルフォーム洗浄は、被毛の汚れを取るとともに ケアにも優れた能力を発揮します。マイクロバブルの表面張力および液体成分の浸透性の増大によって、被毛に水分が浸透しやすくなり、その結果として被毛の弾力性と保湿性が向上します。

また浸透した水分をしっかり保持し、しっとりした質感を維持しやすくなります。

さらに被毛の表面に付着した汚れや水分がなくなることで、乾燥時間の短縮が可能になり、ふわふわの状態をつくりだします。「しっとり」「ふわふわ」で、納得の仕上がりが可能になります。被毛のケアにも優れた能力を発揮

温浴も

温浴として、マイクロバブルフォーム温浴とマイクロバブル温浴の2つが可能になることが注目されています。

マイクロバブルフォーム温浴では、マイクロバブルフォームを含む液体内に下肢を入れることによって、また上部のマイクロバブルフ ォームに被毛や皮膚がやさしく覆われることによっても温浴効果が発揮されます。2つ目は、お湯の中でマイクロバブルを発生させることによって温浴効果がうまれます。ここちよい温浴で洗浄だけでなく犬の健康維持をサポートします。

通常よりも深めに溜めたお湯だとさらに効果的です。右写真は 温浴中に、気持がよくなって眠くなり、あくびが出ている様子です。

温浴中に気持ちよさそうなあくび

安全・安心の洗浄法

水と空気,そしてわずかなシャンプーしか使用しませんので安全安心です。高温多湿の気候でダメージを受けたペットの被毛や皮膚をマイクロバブルフォーム洗浄で清潔にし, 皮膚を健康に保つことが可能になります。オゾンや炭酸ガスなどの酸化気体は一切不要です。

光マイクロバブルP3は、独自のマイクロバブルフォーム洗浄によって以上の5つの特徴を発揮することでペットの洗浄と健康の両立を可能とし、その低コスト化を実現させました。

1台で洗浄・温浴どちらもできるシンプルでタフな装置

マイクロバブルフォーム洗浄の手順

マイクロバブル温浴

ペットが気持よく温浴しています。慣れてくると温浴が好きになります。

皮膚の弱いペットは、水と空気のみのマイクロバブル温浴を継続的に行うことをおすすめします。

光マイクロバブルP3システム

名称 光マイクロバブルP3 使用流体 清水
電源 AC100V 使用水温 0℃~55℃まで
周波数 50Hz/60Hz 本体ポンプ形式 非自吸式マグネットポンプ
消費電力 140/190W(50Hz/60Hz) 安全保護装置 コンセント式漏電ブレーカー
吐出圧 0.1/0.16MPa(50Hz/60Hz) 寸法 155(D)×290(W)×200(H)
吐出量 7.5/8.0ℓ/min(50Hz/60Hz) 重量 約10 ㎏
光マイクロバブルP3システム

特許第3397154号・第4525890号・第4420161号・第4725707号・第5844577号 他

「光マイクロバブル」は㈱ナノプラネット研究所の登録商標です。

光マイクロバブルP3は、特別な工事をすることなく使用できますので設置も簡単です。設置方法については、こちらをご覧ください。

デモ機もございます。お気軽にお問い合わせください。

電話 デモ機申し込みはこちら資料請求・お問い合わせ

PAGETOP