かいせつ

E-2

「マイクロバブルフォーム」とは、お湯や水のなかに少量のシャンプーを入れてマイクロバブルを発生させたときに大量に発生する気泡(フォーム)のことです。このマイクロバブルフォームの発生は、㈱ナノプラネット製の「光マイクロバブルP3」を用いて可能になります。

「光マイクロバブルP3」は、㈱ナノプラネット研究所によって独自に開発され、特許化された技術に基づく商品です。 本マイクロバブルを大量に発生させる技術は、「超高速旋回式」と呼ばれるマイクロバブル発生方式を基本にしています。また、「光マイクロバブル」は㈱ナノプラネット研究所が取得した商標であり、㈱ナノプラネットは、その使用許諾を受けています。この特許化されたマイクロバブル発生技術の特徴は、極微細なマイクロバブルを(*1)大量に発生させることにあります。  

そして、マイクロバブルフォームは、このマイクロバブルの特徴によく似ています。そのために、このマイクロバブルフォームは、抜群に優れた洗浄力を発揮するとともに、ペットにやさしい生物活性をもたらすことにあります。  

この超高速旋回式マイクロバブル発生技術(*2)については、㈱ナノプラネット研究所のホームページに詳しく説明されていますので、それをご覧ください。

 
*1:直径26µmをピークとする気泡であり、そのほとんどすべてが収縮し、短期間に小さくなっていきます。
*2:秒速500回転で超高速旋回しながらマイクロバブルを発生させる方式であり、いくつもの特許化がなされています。

Q&Aに戻る